最適な環境の貸事務所を見つける【不動産会社にも得意分野】

メニュー

造作の引継ぎのメリット

男女

造作を有効活用できる

居抜き売却のメリットは、まず原状回復の費用が掛からないことです。 原状回復義務については、建物の賃貸契約が完結した時に、契約の取り交わしによっては借り入れたままの状況に戻し返さなければならない義務を意味します。しかしながら、居抜きに於きましては別です。実際のところ設備ごとの売却ですから、こうしたコストがかからず出費を抑えられます。 ひとつの例として、赤字店が閉店する場合、居抜き売却にすると、原状回復の費用が掛からないので、費用は最低限度の退店の資金で済みます。それに加えて、引き渡し直前迄営業をすることができます。 原状回復は解体工事を実行します。工事には、予告期間及び工事期間が求められるので、その期間は営業ができません。しかしながら、店は、工事に当たっている収入無しの状況でも家賃を払わなければなりません。 居抜き物件を売却する場合、解体工事は必要がありません。つまり、店を利用できない無用な期間と家賃を支払うという費用がを発生しないといえます。その上、造作の売却代金が手に入る可能性があります。 造作売却の代金というのは、店舗内にある設備を売り渡した時の売上ということを意味します。希望している人がいる場合、そのままの状態で使用することができる厨房並びにカウンターなどの設備を購入してもらいます。 売却額は内装や設備の状況によって様々ですが、条件が合致すれば高額で引き取ってもらえますので、大きなメリットといえます。

Copyright© 2018 最適な環境の貸事務所を見つける【不動産会社にも得意分野】 All Rights Reserved.